2013年8月の俳句

8月 1st, 2014

  • 朝の駅赤富士の様に逢えぬ人
  • 逢えぬから逢いたいと云う赤富士や

  • 想い出を探すがごとく蛍狩り

  • 読経の声追いかけて蝉時雨
  • 抜け殻の葬送曲は蝉時雨
  • 抜け殻の葬送曲や蝉時雨
  • 蝉時雨この世に独りばかりなり
  • 縁側で足投げ出して蝉時雨
  • 蝉時雨追い立てられてコンビニへ
  • だるまさんころんで止まる蝉時雨
  • 目眩してしゃがむ我が身に蝉時雨

  • ビルの谷入道雲の山望む

  • 逝く夏や流す涙の嘘バレて

  • この道は夏の果へと続く道
  • 恋の果夏の果より先に来ぬ

  • しなだれて酔ったふりする芙蓉かな
  • 風吹かず芙蓉も揺れず我酔わず

  • 朝顔の蔓に抱かれて寝坊する

  • 十三夜何が足らぬか分からずに

  • 新涼の朝や番茶もぬるくなり

More Recent Posts

  読まれてい…るのか?

* * * * *

  twitterやってます♪


* * * * *

  Ttwitpicより♪

最近書きました♪

* * * * *

tags


* * * * *

category

Archive


* * * * *
2014年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
* * * * *

* * * * *

歌舞伎とらっくばっくぴーぷる♪

* * * * *

RSS twitterの過去ログはtwilogで!!